奇妙な毎日のちょっとしたことが楽しかったり



一時的に汗を止める方法を行う

樹遊さんでライトを浴びてどんなに厚くても汗をかかないという人がいるそうですが、それは職業柄で厳しくても乗り越えられるというのは本当にプロ根性だと思いますね。そんな人に憧れてみたいものなんですが、簡単なことではないはず。

実際に、人間は汗によって体温調節をしているのですからピタリと止めるのはムリではないはず。だけど、人前に出るときや仕事の商談があるときなど、汗を拭き拭きというのは難しいものです。相手との距離が近づけば汗の匂いも木地になります。そんな時に役立つのが一時的に汗を止める方法です。たしかに私も何度か使ったことがあるのですがプロパンテリンを使うことです。

ただし、プロパンテリンを使うと効果とは別に副作用が起こってしまう可能性があるからなんです。これは本当に怖いことなんですよね。だから、自分にとって本当に大切なことをやらなくてはいけない。プロパンテリンは体内の汗線に対して効き目を発揮してくれます。たしかに良い効果だとは思いますが、これが本当に効き目があるの釜ではわからない。そのために顔の汗を一時的に止めるには両バスト5cm上を圧迫するために、汗を書きたくない部分があれば、他のところで汗線をさせて、その汗を抑えるという方法を利用するのです。頭や顔の汗を抑えれば両方のバストの5cm上あたりを両手でギュッとつねる。

そうすることで親指で強く圧迫占めます。お化粧崩れや発汗を完全ん射止めることはムリですが、刺激した部分から上野発汗が一時的にですが止まります。このようなやり方をすることで、嬉しいような効き目になるはずですね。

[PR]
# by sutanekos | 2017-09-28 14:18

戸締まりができないのはADHDが原因?

戸締まりができないのはADHDが原因?戸締まり、日の始末をすることって基本的なことだと思いますだって、そのままにしていたら泥棒が入るかもしれない、家事になるかもしれないと考えてしまうからです。でも、大人の発達障害が起こると、このような整理ができないわけなんですね。

忘れっぽさのために、外出時に戸締まりをしなかったり、ガスを消し忘れたりすると、点検習慣づけるようにしておかなくてはいけません。っと、一般的にはわかっているはずなんですが、大人の発達障害を発症すると、このようなことがなかなかできないわけなんですね。戸締まりや日の始末ができないのはAHDHに特有の忘れっぽさとともに、身長差の欠如が関与していると考えられています。

例えば、調理中に鍋をひにかけておいたことを忘れて、別のことに気を取られてしまい、鍋を焦がしてしまうと言った失敗を犯してしまう。このようなことは、けっして珍しいことではなく、一般的にも起こることだと思いますが、大人の発達障害、またはADHDになると頻繁に起こってしまうわけです。

また、外出時に玄関の鍵をかけたかどうか気になった時は、普通は確認しに戻ったりしますが、そうした身長差がなく、鍵をかけ忘れたままになってしまうこともあるそうです。ではどうしたらいいのか?単純に意識すればいいじゃんということになりますが、障害が強くなると、なかなか改善はできないものです。一番は、専用の薬を服用することです。たとえば、アクセプタと呼ばれる、専用の薬を服用することで、精神的な部分を抑えることが出来ると言われています。脳の一部であるセロトニンを増やすことで、ノルアドレナリンの活動が正常に戻るために、今までと同じような働きになり、忘れっぽさが改善できると言われています。アクセプタについては病院で処方されていますが、最近ではインターネットの個人輸入でも購入することが出来るために一度試してみてもいいかと思います。

[PR]
# by sutanekos | 2017-09-20 10:26

多汗症を抑えるにはどうしたら良いのか?

更年期の汗は異常なほどに追う訳とは一体なぜ?一般的に、多汗症の人の場合は、よく汗をかく場所は手や汗です。あくまでも体を動かすことで起こる場合とは違います。しかし、更年期の場合、手足に殆どかない代わりに、汗や首、胸などのぐっしょりと汗をかきます。汗をかくということはけっして悪いことではないと思います。汗により、体の体温を抑えたり、体温維持が期待できるので、むしろ必要という考え方を持ってもいいと思います。しかし、汗料が多すぎることがモンだしになるわけなんですね。汗機能と同時に体温調節機能も落ち着いているので、手足は冷たいのに顔だけが火照って、首や胸にポタポタと滝のような汗をかく人もいるわけです。また体をウボ化して生じる生理的発汗はサラッとしていて臭いはほとんどしない。精神性発汗である更年期の汗は濃度が濃くベタベタして言います。もう毎日のように怒ると本当に嫌になってしまうわけなんですが、いつまでもダラダラとかみ続けることになります。このような汗にはアンモニアなどのニオイ物質が多く含まれて、汗そのものが匂いを発しやすくなるわけなんですよね。自分の中でもテンションが下がってしまうために、なんとかどうにかしなくてはと考えている人も多いかと思います。まずは、食生活を整えることが重要かと思いますが、それと同時にストレスを溜めないように心がけることも大切かと思います。
[PR]
# by sutanekos | 2017-08-28 14:17

もしかしたら発達障害だったのかも?

あ、あの人はきっと大人の発達障害だと思う。だって、部屋が汚いし、金銭感覚が、、、そんな人いませんかね?私の友達にいました。過去形です。学生の頃はまったく築きませんでしたが、おとなになって、合うたびに人をばかにするようなことばかり言うんです。そのために、距離をおいていたんですが、今に思うと、きっと大人の発達障害ではないかと思っています。彼の家に行くと、部屋の中もかなり汚かったんです。ものを元の場所にもどすことができず、部屋が散らかっていました。そのため、捜し物に時間が費やされることがあり、こうした傾向はADHDのある人にはよく見られ、収納場所をキチンと決めた場所をすぐにもどす習慣がない、、、そのために、性格的にもうまく整理ができないと言われています。こういったことができないと、結局はバランスの整えた生活ができないと言われています。周りの人から「ちゃんとした方がいいよ」というような指導やアドバイスを受けたとしても「うるせ!!」という感じで聞く耳を持たない用な感じでした。結局は今何をしているのかはわかりませんが、大人の発達障害だったと思います。医学的に張ったう障害について予防や改善ができると言われているために、シッカリとしたケアを行っていくことが重要になるかと思います。
[PR]
# by sutanekos | 2017-08-20 10:28

今の自分を満足しながら歩んでいくこと


今の時代だからこそ、ストレスはたまりやすいと思う。昔は本当につらい時期だったと思うのですが、だけど、考えようだとは思う。かなり昔だったら、上司の顔色を考えながら、辛いことばかり考えていた自分がいたんですが、でも、今の自分はどうだろうか?一人で仕事をしている。たしかに寂しいところもあるし、それなりに不安を抱えたりすることもあるのですが、それはそれで良かったりする。何よりも、頭のなかで考えて、それが対価として得られる喜びって、たまらないことだと思う。こういった喜びに対して、どれだけ満足を得られていられるのか?あらためて、日々の生活のありがたさを感じておかなくてはいけないのかもしれない。

昔の自分は、嫌なことを淡々と考えていたのかもしれないが。やはり、ある程度のストレスはあるが、むしろない人などはいないはず。今の自分を満足してから、それなりの人生を歩んでいくことが重要だとは思っている。

[PR]
# by sutanekos | 2015-12-23 16:26


ほわ~っとしたことが良かったり
その他のジャンル